「Tフィラリア(犬糸状虫)」の知識

フィラリアとはどんな虫か?
そして、飼い主さんが知っておくべきフィラリア症について

フィラリアの生活環
幼虫の成長と感染経路



「Uフィラリア予防」の知識

<フィラリア予防薬業界の背景>飼い主さんが「風説」の被害者にならないように・・ 

<なぜ処方薬なのか?>
高い予防薬を動物病院だでしか買えない不思議な仕組み 

<投与前検査とは何か?>
日本でだけ義務づけられている『全頭』投与前検査

<フィラリア予防薬の危険性>
日本だけ、なぜ「危険」なのか?

通年投与の提案>
個人輸入の普及で可能になったより完璧な予防薬の使用法 

<フィラリア成虫の寄生が予想される犬への予防薬の与え方



V個人輸入の知識

個人輸入の利用方法 

通関時の規制の説明

個人輸入の可能性と期待
U フィラリア予防の知識 風説の被害者にならないために

<フィラリア予防薬業界の背景>
別のページで触れているように、動物病院業界にとってフィラリア予防薬の市場は狂犬病の予防接種手数料と並ぶ、金額的にはそれ以上の毎年安定的に需要のある巨大なマーケットであり、当事者である動物病院には飼い主さんが思いも及ばないような大きな金銭的恩恵がもたらされています。
日本では飼育されている犬の総数1200万頭の内、フィラリア予防をしてもらえている犬は未だにその1/3に過ぎないそうですが、それでも400万頭の市場があり、なにしろ、海外の同一製品と比べても、その数倍の価格で販売されているのですから、儲からないわけがありません。

これを可能にしているのは、飼い主さんが動物病院でしかフィラリア予防薬を買えないという、
「日本だけに しか見られない業界の既得権益構造」です。
人間の病院は医薬分業されており薬価基準もあるので、私達は動物薬にも何らかの基準があるだろうとつい思いがちですが、実際にはそんなものはありません。
薬価基準とは?
日本ではフィラリア予防薬は処方薬に指定されており、実質上動物病院でしか販売できない形になっている上に、
価格までも自分達で設定する仕組みになっています。
つまり、動物病院=動物薬局であることになります。
業界内部での価格協定(カルテル)は過去に何回か公正取引委員会の警告を受けたりして今は存在しないとされていますが、海外価格との法外な差が解消される気配はありません。
(このことについては、平成10年にフィラリア予防薬がそれまでの一般薬から処方薬に指定変えされた不明朗な経緯から話を始めなければならず、長くなりますので、後の章で詳しく述べることとします。)

繰り返しますが、国内動物病院でのフィラリア予防薬は同じメーカーの同一製品が海外の数倍もの「小売価格」で販売されています。アメリカやオーストラリアの獣医師さんに日本の小売価格の話をしても、すぐには信じてもらえずに、「俺も日本の獣医師になりたいね」と冗談でかわされるのが普通です。

フィラリア予防薬のジェネリックであれば、1錠の原価(日本の動物病院の仕入れ価格)はせいぜい\60です。 それが飼い主さんの手に渡るときには、\1,000前後になってしまいます。
なぜでしょうか?動物病院であれば知らないはずのないこの疑問への答えは、どの動物病院のホームページでも言及されることがありません。

しかし、利権価格と共に、犬の飼い主としてもう一つ無視できないのは「業界に都合のよい情報の拡散」と「不都合な真実の隠蔽」です。
確かに動物病院は専門家ですが、同時に利害関係の当事者でもあります。
利害関係のある当事者は専門家であるからといって必ずしも客観的な情報を提供してくれるとは限らないことは十分に留意しておく必要があると思います。
私達は今回の福島原発事故で、そのことを思い知らされました。

犬達は自分でフィラリアを予防できません。
飼い主さんの愛犬に対する思いは時として「弱み」になり、悪徳商法がつけ入る隙となってしまいます。
獣医師という権威を盲信しがちな心理的弱みにつけ込んで、いたずらに副作用の不安を煽り、\60のものを\1,000で売りつけるのでは、まるで「除霊のつぼ商法」です。
また、人間心理の常として自分が吹き込まれた情報を盲信する人は、その情報を他人に教えたがる傾向もあります。
犬の飼い主は(私自身を含めて)素人ですから、このような「専門家」の言うことを咀嚼して判断できるだけの知識を持ち合わせることは難しいでしょうが、 せめて、聞きかじりの情報を無責任に拡散することだけは控えたいものです。

次のページでは、動物病院での話やホームページ(と、その受け売りブログなど)では知ることの少ない
フィラリア予防薬がなぜこんなにも高いのか?を報告します。


NEXT
アンフェア・プライス


<外部リンク>

<フィラリア予防は海外通販がお得>
オーストラリアのaiken11.bizでは飼い主さんが経済的にフィラリア予防をできるよう高品質低価格のジェネリック予防薬を取り扱いしています。
動物病院に愛犬を連れて行けない飼い主さんに便利だと思います。