狂犬病が海外から入って来るぞ!!
それでも狂犬病が国内発生したらどうなるか?
狂犬病が海外から侵入する可能性については上記の通りでほとんどないのですが、将来の予測である以上確率を無視すればどんなことでもないとは言えませんから、話はどうしても水掛け論になります。ですから、もし何かの偶然が重なって日本に狂犬病が侵入たらどうなるかを考えておくことは無駄ではありません。
それなのに、ではどういうふうに大変か、どのくらいの犠牲者が発生するか、を具体的に示したシミュレーション資料があるかといえばまったくないと言っていいでしょう。
狂犬病侵入の危険を叫ぶ業界から「狂犬病が侵入したときの具体的な被害シミュレーション」が公式に発表されないことは不思議でも何でもありません。
ありていに言ってしまえば、もし海外から感染動物の侵入があったにしても空騒ぎ以外には何にも起きないからです。
その動物が死んでしまってお終い、というのが99%想定されるケースでしょう。
だから、厚労省獣医師会など専門家の間でも具体的な数字を伴う被害予測がされていません。国民の間に根拠のない不安や恐怖を煽る「狼少年」でいたほうが今の強制接種を維持するのには好都合です。
感染病原ウィルス侵入というと、どうしても小石を池に投げ込んだときのように感染源から波紋が拡がるように流行が拡散するイメージがあります。
事実、狂犬病を利権としている業界の宣伝(特に末端の獣医師のブログなど)では狂犬病を鳥インフルエンザや口蹄疫のような空気感染やノロウィルス,O157といった経口感染と意識的に混同させる論法が頻繁に見られますが、
狂犬病ウィルスは発症した動物が他の動物を咬むことでしか感染しない(感染し潜伏期間にある動物からは感染しない)のですから、イメージ的に言えばいえば小石を水面にではなく平らな地面の上に投げるようなものと考えた方が現実に近いイメージでしょう。
小石(ウィルスあるいは感染犬)はコロコロと転がって止まって(あるいは死亡してしまって)そこでお終いです。
転がっている間に他の犬や人間などにぶつかることがあるかもしれないように少数の二次感染は起こらないとは断言できませんが、それにしてもそれだけのことです。
狂犬病予防法が制定された後の7年間(人間の発症は6年間)で死亡した人の数は75人です。この数(年平均12人)はハチに刺されてなくなった方(H20〜H25の年平均18人)よりもすくないのです

にもかかわらず、厚労省ではWHO(世界保健機構)の勧奨に従って70%以上の犬にワクチン接種をすることを目標にしており、登録済みの犬についてはこの目標数値を達成しています。しかし、WHOの70%以上の接種という勧奨はあくまでも狂犬病が発生している地域を対象にしたものです。厚労省では70%と言う数字をWHOの原文にある
狂犬病の発生地域ではという前提を無視して日本に当てはめており、獣医師会もこの数字を厚労省のお墨つきとして末端の動物病院に伝達しています。
WHO;New global framework to eliminate rabies
“Vaccinating 70% of dogs regularly in zones where rabies is present can reduce human cases to zero. Eliminating canine rabies through dog vaccination is the most cost-effective and only long-term solution,”
もっとも、日本の場合接種率が0%でも100%でも関係ありません。もともと狂犬病が存在しないからです。
日本以外の清浄国では当然ながら狂犬病の予防接種をしていません。つまり、接種率は0%です。

話は移りますが、、最近になって(2013.07)、それまで狂犬病清浄国であった台湾に野生動物(イタチアナグマ)の狂犬病感染が発見され、その感染動物に人間が咬まれるという事態が発生しました。
(人間の方は暴露後接種をすることで発症を予防できたそうですが、間一髪であったことは間違いありません。)
野生動物が感染した経路は中国大陸から輸入された何らかの動物の可能性が高いものの、「現地の野生動物の間にウィルスが残存していたのでは」という話もあり現時点では結論が出ていません。
数年前にオーストラリアでも狂犬病に感染したコウモリが発見されています。(この時にはコウモリから他の哺乳類への感染はありませんでした。)
業界から見れば「清浄国の台湾に発生したのだから日本にも侵入する可能性がある→だから狂犬病予防注射をしなければならない」という我田引水の論法で、落ち込んでいる予防接種率を回復させる宣伝機会ともいえます。
https://www.facebook.com/permalink.php?id=259640007481161&story_fbid=399471100164717(Facebookへのログインが必要です。)


台湾では狂犬病発生時に周辺住民に注意を呼びかけました。
<フィラリア予防は海外通販がお得>
オーストラリアのaiken11.bizでは飼い主さんが経済的にフィラリア予防をできるよう高品質低価格のジェネリック予防薬を取り扱いしています。
2月28日までが「早割りセール」、春になればどうせ必要なものだから今のうちに手当てしておくのもいいかもしれません。
興味のある方はこちらをクリックで早割りサイトにアクセスできます。(外部リンク)



もっとも、台湾の場合でも人間に死亡例が多発する深刻な状況になる懸念は最初からありませんでした。
イタチ同士であっても感染源になるのは発症中か直前の個体に限られていますし、イタチが犬や人やその他の動物を咬み、咬まれた動物が他の犬や人間を咬むところまでは想定できますが、そこからでも充分な予防対策をとればそれ以上の感染が拡大することはあり得ない話です。案の定というか、台湾の場合には周辺の犬達に集中的に予防ワクチンを接種することで、イタチからその先への感染は確認されませんでした。

犬以外の動物が狂犬病になり、特に家族やグループで暮らす動物ではそこから感染が拡がりやすいことは、アジアアフリカでの犬、アメリカのアライグマ、コヨーテ、コウモリ、ヨーロッパの赤キツネなどいくらでも例があり、そこから人間に感染した例があります。
アメリカではここ数年で数人が狂犬病で死亡していますが感染源はコウモリであり、犬から人間への感染はありません。コウモリも洞窟の中で多数生活しているので感染が拡がりやすいといえます。
しかし、、先程申し上げたように、少数の二次感染は起こりえますが、それにしてもそれだけのことです。
http://www.wadsworth.org/rabies/history.htm
アメリカの田舎で(任意で)犬に狂犬病予防接種をする飼い主さんがいるのは自分の犬が野生動物から感染するのを防ぐためであって、日本のように人間を守るための予防接種ではありません。
ニューヨーク州では1993年に3,000頭ものアライグマに狂犬病が発生しているといわれて、一頃大騒ぎになりました。
(ニューヨーク州は、私達が一般にいだくニューヨーク市のイメージとは違い、面積が14万平方キロあり北海道と九州を合わせたくらいの広さだそうです。)



確率を徹底的に無視すれば、日本の場合にも野生動物が狂犬病に感染することは考えられない話ではありません。
獣医師会の言うところでは稚内などロシア船が寄港するところでは船員が頻繁に犬を連れて上陸するので、その中に狂犬病に感染している犬がおり、それが逃げ出して、稚内にいる野生動物(クマ、キタキツネ?鹿もいますが鹿は牙がないしおそらく症状も麻痺性なのでそこから先に感染しません)に咬みついて、その野生動物が今度は他の野生動物や犬猫や人間に咬みついて・・・と「わらしべ長者」なみのファンタジーをまじめに語っています。もし、ロシア船に乗った犬が狂犬病を発症するのであれば船の中で船員に噛みついてしまうことの方が多いと思うのですが・・・一方で厚労省のホームページには感染源のほとんどは犬であると書かれています。

コウモリによるウィルスの媒介は日本に例がありませんが、今までなかったから今後もないと言い切れるものではないでしょう。
最初に日本に狂犬病が伝来したときには「今までなかった」に違いありません。
現に英国では飛来したコウモリからの感染による狂犬病の死者が1名でているそうです。これは別に英国では狂犬病予防接種をしていないからではありません。
病原侵入の可能性をどんなに膨らませて、さらに感染拡大の可能性についていくら牽強付会を重ねても、「全ての犬に法律で狂犬病予防注射を強制している」ことの正当化にはなりようがないのはお分かりいただけるかと思います。

<本当に怖いのは自作自演のテロ?>

もし、どうしても何が何でも狂犬病が日本に侵入すると考えるのであれば、野生動物を原因とするよりもむしろ誰かが自作自演で狂犬病を発生させるほうが遥かに可能性が高いように思われます。
この話の怖いところは、ウィルスの持込と注射は技術的に簡単であり、人命には影響を与えずに恐怖心だけを感染させることができるところです。
(その気になれば、感染地域で発症犬の唾液を入手することで活性を残したままのウィルスを日本へ持ち帰ることができるでしょう。生体を持ち込むわけではありませんから検疫はありません。その唾液をどこかの犬に注射して症状が出たら通報するだけでいいのです。○○年ぶりに国内で狂犬病発生!発症した犬はすでに死亡・感染経路は不明!となれば間違いなくトップニュースです。)

「そんな馬鹿な!」と思われるでしょうが、日本の場合、他の国と違って狂犬病予防注射の徹底で大きな利益を得られる業界が存在します。毎年多大な既得権益があるのですから、それが危機に曝されたときは、あきらめの悪い誰かが跳ね上がってしまうことは考えられないではありません。今は権益が安泰ですからいいですが、将来的に「狂犬病予防接種の任意化」などが検討される日がくれば俄然現実味を増します。
狂犬病は感染経路は限られているし、万一発症動物に咬まれてもワクチンを打つことで発症を防げるから過度に恐れる必要はないといっても、世間の人々に「狂犬病は発生したら何千人も何万人も死んでしまう」というイメージが刷り込まれている以上、獣医師会のいうとおり社会的パニックはかなりの規模に発展します。狂犬病の感染は拡散しなくても流言飛語は拡散します。
もちろん、このサイトのような弱小意見はあっという間にすっ飛びます。
そちらの方がよほど懸念されます。

ほとんどありえない話をいつまでしてもしかたありませんが、この話にはもうひとつ怖いところがあります。
もし万一死亡した犬が狂犬病であったと確認される前に咬まれた人がいても、ウィルスを持ち込んだこの実行者に殺人未遂罪は成立しません。人にウィルスを感染させた直接の原因者は狂犬病を発症した犬です。(実行者がウィルス注射した犬は人を咬む前に死亡するのが普通だからこそ万一の話なのです。)この仮定では実行者は狂犬病に感染した犬のいることを事前に通報しており、狂犬病を発症した犬に咬まれても暴露後ワクチンを打てば命に危険を及ぼさないことを事前に知っており、かつ狂犬病予防接種を促進させることを目的としているのですから、元々人を殺す気はないはずですから殺人の意図を立証することは難しく、未必の故意の傷害罪の成立も微妙なところでしょう。前例がないので確かなことは言えませんが、動物愛護法違反くらいでしか立件できないのではないでしょうか?少なくとも発症犬から人への感染がない限り、罪を問えるのは動物愛護法違反くらいしかありません。
つまり、イソップ童話にある「狼が来た!」と叫ぶ少年の役を誰かがやれば出来てしまう話です。
そしてイソップの少年のように、あるいはSTAP細胞を作ったと発表して日本を騒ぎに巻き込んだ人のように、まもなくしてその嘘がばれたとしても
それまでにワクチンは売れに売れ、予防接種率も労せずして上昇するでしょう。
結局は冤罪だったようですが、「千葉大チフス事件」は意外な事件性で世間の耳目(昭和41年の十大ニュース第3位)を集めました。このような生物テロとしてはアメリカで有名な炭疽菌事件があります。ロシア船から犬が逃げ出して云々という話は前例がありませんが、生物兵器を持ち出すまでもなく細菌やウィルスを利用した事件には前例があるのです。
千葉大チフス事件
(病原菌による無差別テロの実例:アメリカ炭疽菌事件)